手っ取り早く知りたい

ガジェットやキャッシュレスのサイトを運営する上での日々の所感を連ねています

follow us in feedly

【2019/10問題】家族に振り回されずに使いたいキャリア選び ソフトバンク編

金額訂正しました。 ワイモバイルの容量が増えました。

2019年10月付近の契約から携帯電話を取り巻く環境は大きく変わります。

しかし、スマートフォンに限ったとしてもプランの組み合わせや割引条件の複雑さで把握しきれない部分があります。

そのうえ、家族の都合やタイミングまで考慮してはせっかく始まった端末と回線の分離を生かせません。

そこで今回は最近発表があったソフトバンクとワイモバイルで「一人で利用したときに安めのプランではいくらになるのか」に限定して検証してみたいと思います。

MVNOの遅さに辟易している人も注目です。

 

スマートフォン前提の音声プランで比較します。

※単純に月額を比較するため、スマートフォン本体代と初期費用は省略します。

 

 

[調査]

 


ソフトバンク(現在ケータイの場合)

 

スマホデビュープランは必ずスマホ代がかかる」というブログ情報がありますが、現在の公式ページにはUSIM単体契約も対象と書いてあるのでそれを前提とします(公式の情報が出され次第、更新)。

 

・通話定額5分まで/1GB/テザリングなし 1年目 980円 2年目以降 1,980円


・通話定額あり/1GB/テザリングなし 1年目 1,980円 2年目以降 2,980円

 

※通話定額を付けないと上記2例の中間の金額になるので無意味
テザリングはプラス500円

 

フィーチャーフォンから乗り換えるのが条件とはいえ、安いですね。 

 


ソフトバンク(現在スマホまたは音声契約なしの場合)

 

データ通信量は段階的に使った量で変わるので、Wi-Fiつけ忘れ等によるミスで料金が跳ね上がる場合があります。

 

・通話定額なし/1GB/テザリングなし 1年目 2,980円 2年目以降 3,980円


・通話定額5分まで/1GB/テザリングなし 1年目 3,480円 2年目以降 4,480円


・通話定額あり/1GB/テザリングなし 1年目 4,480円 2年目以降 5,480円


※1GBを超えた瞬間にプラス2,000円(最大プラス4,500円)

※指定の固定通信サービス(光回線など)を利用中であれば指定期間のみマイナス1,000円

テザリングはプラス500円

 訂正:通話定額5分までと通話定額ありの料金が間違っていました。

 

テザリングなしでこの料金なら遅くてもMVNOにしてしまいますね。

 


ワイモバイル

 

現在のプランに合わせてテザリング無料で検証します(新プランで変更があれば訂正)。

 

・通話定額10分まで/2GB 3GBテザリングあり 2,680円


※2年目まで無料のオプションで計3GB 4GB可(3年目以降プラス500円)【9/30 公式変更により修正 無料オプションは11/28で受付終了】

※新規・MNPの場合は契約翌月から6か月間マイナス700円

SoftBank 光/Airを利用中であればマイナス500円

 

選択肢が少ない分、割安になってますね。

 


18か月使用で、近い条件だと

 

せっかく2年縛りがなくなったので、1年半使用で検証します(光回線等なし)。

 

ソフトバンク(現在ケータイの場合)

通話定額5分まで/1GB/テザリングあり 単純平均 1,813円


ソフトバンク(現在スマホまたは音声契約なしの場合)

通話定額5分まで/1GB/テザリングあり 単純平均 4,313円


ワイモバイル(新規・MNP

通話定額10分まで/3GB 4GBテザリングあり 単純平均 2,447円


ワイモバイル(プラン変更)

通話定額10分まで/3GB 4GBテザリングあり 単純平均 2,680円
3GB 4GBは新しいデータ増量キャンペーンが新規等でなくても適用される前提

 訂正:ソフトバンク(現在スマホまたは音声契約なしの場合)料金が間違っていました。

ケータイからの乗り換えの安さが際立ってますね。

 

[結論]

 


現在ケータイ(フィーチャーフォンガラケー)を使用しているのでしたらソフトバンクの「スマホデビュープラン」がお得です。

テザリングなしなら5分以内の通話付きで平均1,313円、テザリングありでも1,813円です。

しかも毎月1,000円引かれ続けるので長く使うほどに得です。


回線契約が生きているケータイがないのであればワイモバイルの「スマホベーシックプランS」が低料金です。

新規だと平均2,447円と、ソフトバンクよりも断然安いにもかかわらず、無料連続通話時間は2倍で、高速データ容量は3倍です。

しかも、ソフトバンクのようにデータを使いすぎて自動的に料金が上がることがありません。

さらに、長く使うほどに平均の差が開いていきます。

 


結局のところ

 

どちらもMVNOと比べると少し高いですが、気兼ねなく短時間の通話が出来たり、ヤフーショッピングの買い物でポイントが多くついたりするので、機種代に折り合いがつけばありなのではないでしょうか。

とくにソフトバンクは海外のスマートフォンとバンドの相性がいいので、UMIDIGIなどの格安機種で使うにはもってこいです(持ち込み契約時に技適が必要な場合があります)。

また、昼休みの時間帯の通信速度も桁違いに速いです。


とにかく、事実上の2年縛りがなくなったことで気軽にキャリアと契約できるようになりました。

あとはスマートフォン本体の分割払いで縛られないように気をつけながら、動き続ける携帯電話事情の波に乗っていきましょう。

 


ソフトバンク新プランの「データプラン 1GB(スマホ)」はスマホデビュー専用です。


※誤情報を発信しないよう検索に検索を重ねていますが、間違いがありましたらご連絡用フォームからお知らせください。

 

 続きを書きました

toribaya.hatenablog.com

  

toribaya.hatenablog.com

 


UMIDIGI日本公式ショップアフィリエイト

 

プライバシーポリシー