手っ取り早く知りたい

ガジェットやキャッシュレスのサイトを運営する上での日々の所感を連ねています

follow us in feedly

PayPayが1周年記念で最大20%+α還元キャンペーンを開催

PayPayが2019年10月5日(土)の24時間限定で「PayPay感謝デー(PDF)」を開催するそうです。


すべての実店舗で20%のPayPayボーナスを還元とのことですが上限はあります。


1回の付与は1,000円相当までで、当日の合計は5,000円相当までです。

つまり、最大限に付与されるのは5,000円までの支払いで、合計25,000円までです。

1回に25,000円支払っても1,000円相当分しか付与されません。

単純に考えるとそうなのですが、今回は少し違っています。

 

※計算はPayPay残高による決済を前提としています。 

 

複雑な面も

 

ここまではよくあるキャンペーンと同じなのですが、今回は「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」との兼ね合いで少し複雑になっています。


まず、この事業の対象外の店舗は上記の通り単純にPayPayボーナスが最大20%付与されます。


次に、大手コンビニなどの即時に値引きする店舗では値引きされたあとの金額の最大20%が付与されるようです。

また、即時にポイント還元される店舗ではそのポイントとは別に決済額の最大20%が付与されるようです。


少しわかりづらいのは還元事業対象店舗です。

2%か5%還元対象の店舗はそれと合わせて最大20%還元となるのですが、事業による還元は月に25,000円相当までなので、2%か5%の分は月内で超えない限り25,000円相当まで還元されるはずです。

つまり、5%の店舗で1回20,000円の決済をすれば事業の分だけで1,000円還元になります。

そうなると、PayPayが負担する分である残りの18%か15%の1回の上限が別途1,000円相当になるので、2%の店舗だと5,556円の18%で約1,000円、5%の店舗だと6,667円の15%で約1,000円の付与が最大になるのではないかと思われます。

例として5%の店舗で6,667円の決済をすると、事業で333円相当、キャンペーンで1,000円相当の計1,333円相当(約20%)のPayPayボーナスが付与されます。

これにより、冒頭に書いた20%付与される最大額は5,000円ではなく、店舗によっては6,667円まで上がるのではないかと推測されます。

 

おまけのキャンペーン

 

当日限定のPayPayチャンスとして、50回に1回の確率で全額相当付与されます(1回10万円相当まで)。

これはまず当たらないので、これを気にして買い物をしない方がいいと思います。

 

Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカード払いは対象外ですので、YJカードがない場合は残高にチャージするなどしてから決済してください。


※記事には推測による解釈が含まれていますので、正確な情報は 公式サイトにて確認してください。

 

10月からにキャッシュレス決済全体の記事を書きました。

 

toribaya.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー