手っ取り早く知りたい

家電やガジェットから節約術、その他いろいろ調べておきました

HUAWEI WATCH GT 2発表【画像で比較】

2019年9月19日、ファーウェイがHUAWEI WATCH GT 2を発表しました。

 

現時点で得た情報ですと、GT同様に44mmモデルと42mmモデルがあり、画面の大きさと解像度はGTと全く同じで、ケースの大きさもほぼ同じようです。

ベルトの幅だけ42mmモデルが22mmから20mmになりました。

 

f:id:kumabe22:20190920021424j:plain

HUAWEI WATCH GTとGT 2比較イメージ

 画像の左が現行の「GT」で右が「GT 2」です。それぞれ左側が44mmで右側が42mmモデルです。

大きさの対比は正確ではありませんので、おおざっぱなイメージだと思って見てください。

見た感じですと、噂にあった「ベゼルが細くなって画面が大きくなる」はデマだったようです。

とくに46mmモデルは外見の違いはあまり感じられません。逆に42mmモデルは大きく変わりました。

Galaxy Watch ActiveやFOSSIL SPORTのベゼルと画面がつながった丸みを帯びたデザインに半分寄せてきた格好です。

ただ、これにより周りが黒ぶちになりますので、黒ベースのフェイス以外では違和感が出るようになるでしょう。

【追記:42mmモデルはガラス面が大きく突出しているのがわかりますが、46mmモデルもベゼルの上までガラスで覆っているようなので、どちらもガラスが傷つきやすいデザインになったようです】

 

心臓部である新開発のKirin A1チップセットによって最大のウリであるバッテリー寿命を維持したまま処理速度アップを実現したそうです。

 

新SoCに加えBluetooth 5.1とマイク&スピーカー搭載により、ウォッチとスマートフォンが150メートル以内にあればウォッチから電話をかけることが出来るとのことです。

これまでにもスピーカーとマイクが搭載されたスマートウォッチはいくつもありましたが、中には通話が途切れ途切れになってしまうというレビューも目にします。

GT 2は新技術の組み合わせによって安定した接続を実現しているそうです。


また、以前の記事でBluetoothウォッチ寄りだと書いた一因である音楽再生不可能が改善され、約500曲分のストレージ(2GB)を搭載し、単独で音楽を長時間再生できるようになったそうです。

これもスピーカー搭載の賜物でしょう。

 

発売はEUでの10月からが皮切りで、価格は46mmモデルが249ユーロ(約29,700円)、42mmモデルが229ユーロ(約27,320円)だそうです。

前モデル(46mm)が199ユーロだったので結構な上乗せですが、ストレージの増加やスピーカーの追加などによって理想のスマートウォッチ像に近づいたことを考えると妥当かもしれません。

一番に安さを求めるのであれば現行機が最適でしょう。

 

今回のモデルは装着者の動きで運動を特定するなど、スポーツ色を一気に強めてきました。

バッテリーの残量を気にすることなく、長時間にわたってアクティブに活動する人には良い相棒になるのではないでしょうか(音楽も含めて)。

 

前モデルを含めたスマートウォッチについては過去記事をご覧ください。

 

toribaya.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー