手っ取り早く知りたい

ガジェットやキャッシュレスのサイトを運営する上での日々の所感を連ねています

follow us in feedly Rebatesお友達紹介キャンペーン

【注意点】au PAY 誰でも最大20%還元で70,000ポイントの還元を受けられるキャンペーンを開催【随時更新】

[毎週総額10億円キャンペーンの画像にある「誰でも」「毎週10億円」「もらえるキャンペーン」はつなげて読んではいけないことを解説&「入力された住所が正しくありません。」]

f:id:kumabe22:20200128201552p:plain

 

【こちらの記事は別記事に書き直しました】

toribaya.hatenablog.com

 

結論から書きますと、「誰でも毎週10億円をもらえるキャンペーン」ではありません。

auユーザーに限らず誰でも、毎週10億円の予算から、上限内で使った分だけもらえるキャンペーン」です。

「誰でも」は「auユーザーに限らず」という意味ですが、「毎週」と「上限」の部分が単純ではないので説明していきます。

 

auの認識が甘かったのか確信犯なのかわかりませんが、日を追うごとに条件の変更が続いています。一度読んでいただいた人も追記の部分を確認していただけるよう、お願いします】

 

主な変更点

【2/24から1日のキャンペーン分の還元上限が6千ポイントに制限されました】
30,600円決済で153+5,967=6,120ポイント
30,800円決済で154+6,000=6,154ポイント

【クレジットカードによるチャージが月に25万円までになりました】
【2/11からトイザらス、2/13からラオックスで利用できるようになりました】
【2/17以降は17時までの予告で当日終了する可能性が示されました】
【2/17以降は郵便局での利用はこのキャンペーンの対象外になりました】
【クレジットカードによるチャージ時の1回の最高金額が10万円になりました】

 

 

 

基本的なルール

 

2020年2月10日 (月)から3月29日(日)の期間中、au PAYを利用すると通常 税込200円ごとに1ポイント還元のところ、40ポイントが還元されます(最大20%)。

いつも通り200円単位での計算ですので、400円の利用では80ポイントですが、399円では40ポイントしか還元されません(約10%)。

出来ることならば200円単位で利用するようにしてください。

 

今回のキャンペーンは比較的シンプルな条件となっていますが、還元上限などに複合的なルールがあるので以降のことを憶えておいてください。

 

 

3つの期間について

 

今回はほぼ同条件のキャンペーンが3つの期間に分けて開催されます。

これはおそらく一昨年のPayPay100億円還元キャンペンーンが10日ほどで刈りつくされてしまったことを考慮したものだと思われます。

 

1.2/10~3/1  3週間 +30,000ポイント上限(最低到達決済額 154,000円)
2.3/2~3/22  3週間 +30,000ポイント上限(最低到達決済額 154,000円)
3.3/23~3/29 1週間 +10,000ポイント上限(最低到達決済額 51,400円)

 

前述の通り200円ごとに40ポイント還元なのでズレは出ますが、おおむね「3週間の中で15万4千円を使うと通常+3万ポイントが戻ってくる」期間が2回、「1週間の中で5万1千円を使うと通常+1万ポイントが戻ってくる」期間が1回、これらが連続で開催されます。【2/24から1日あたりの還元が6千ポイントまでとする上限を追加】

ですので、35万9千円分を一気に使って通常+7万ポイントの還元を受けることは出来ません(後述の決済上限もあり)。

 

[ソウ]:還元予算が毎週10億円分なので個人への還元上限も週ごとに1万ポイント(5万円決済)と思っている人もいるかもしれないけど、それは間違い

 

・期間1(キャンペーン分30,000ポイントまで)

 2/10~2/16【2/11終了】
 2/17~2/23【2/17終了】
 2/24~3/1【2/24終了】

・期間2(キャンペーン分30,000ポイントまで)

 3/2~3/8
 3/9~3/15
 3/16~3/22

・期間3(キャンペーン分10,000ポイントまで)

 3/23~3/29

※各週、10億円到達見込みで途中でも終了します。

 

 

還元上限について

 

このキャンペーンは200円決済ごと、通常の1ベースポイントに39キャンペーンポイントが追加される形となっています。

しかし、上限の判定でキャンペーンポイントのみが考慮されるのか、ベースポイントを含めて考慮されるのかが明記されていないようです。【追記あり

キャンペーンポイントのみであった場合、20%還元を受けられるのは期間1・2では200円決済×769回分なので、153,800円が最低到達の額になります(厳密にはもう200円でキャンペーン分+9ポイントと通常分+1ポイント還元可能)。【2/24から1日あたりの還元が6千ポイントまでとする上限を追加】

【追記:18.5万円を支払って30,925ポイント還元されたという報告を見ましたので、154,000円で30,770ポイント(通常分含む)がキャンペーン還元を最大に受けられる額のようです】

期間によりポイント還元上限額が異なります。ポイント還元の上限は、キャンペーンポイント(19.5%)のみ対象で、ステージ1・2は30,000ポイント、ステージ3は10,000ポイントが上限数です。ベースポイント(0.5%)に上限はありません。

   (出典: https://www.au.com/pr/paycpn2020/ )

 

キャンペーン分をすべて受けられる最低額→154,000円で30,000+770ポイント(19.98%)

最高還元率(20%)が維持できる上限額→153,800円で30,760ポイント

 

どちらにしても現実的に200円単位で使い続けることは難しいので、上限いっぱいまで還元を受けたい場合は最低到達決済額(15.4万円)を少し超えるように利用した方が良いでしょう(無理は禁物)。

 

[グレ]:うまい棒を買うときは19本買ってください

 

最大限の恩恵にあずかりたい場合は、約15.4万円+15.4万円+5.1万円の3つの枠に買いたい物やサービスをうまく振り分ける計画を立てておいた方が良いことには違いありません。

とくに5万円を大きく超える買い物の予定がある場合は期間1か2で済ませておいてください。【2/24から1日あたりの還元が6千ポイントまでとする上限を追加】

 

 

クレジットカードはチャージ上限あり

 

ここで気をつけなければならないのはクレジットカードによるチャージの上限です。

クレジットカードでは3,000円、5,000円、7,000円、10,000円、15,000円、20,000円、25,000円、30,000円、35,000円、40,000円、45,000円、50,000、70,000、100,000のチャージが行なえますが、月の上限が10万円に設定されています。【月に合計25万円までに変更になりました】【1回の最高金額が10万円までになりました(未検証)】

もしもクレジットカードによるチャージのみを考えていて2月に10万円を超える額を使いたいのでしたら、1月末までにそれなりにチャージしておく必要があります。

ちなみに現金であれば1日50万円までチャージ可能です。

 

f:id:kumabe22:20200129170014j:plain

au WALLETのチャージ時に利用できるクレジットカード一覧

チャージでクレジットカードのポイントが還元されるかは各カード会社に確認してください。

三井住友マスターの20%キャンペーンはされるようです。三井住友カードを作るならモッピーを通すとポイント還元されます。
※三井住友マスターカードは申し込み停止中の可能性あり。

【追記:楽天カードとヤフーカード、三井住友、イオン、JACCS、JNBデビット、dカード、ゴールドポイントカード・プラスの各VISAでチャージ出来たという報告を見かけました】(未確認情報)【追記:各種VISAカードが使えるようになっていましたがまた使えなくなりました】

カードの登録は何度か失敗すると制限がかかるようなので注意してください。

 

 

毎週10億円の意味

 

10億円とは週ごとの還元目安です。

毎週月曜日から始まり、主催者が「翌日で10億円に達するだろう」と予想した日の翌日23:59で20%還元が打ち切られて0.5%還元に戻ります。【追記あり

そして次の月曜日からまた10億円分が開始されます。

【追記:「※当該判断日の当日23:59に終了する場合もございます。」という文言が追加されました。これにより、予想を大きく上回る利用があった場合はその日に打ち切られる可能性が出てきました】

【追記:上の追加文言は消されました。しかし、判断日自体が曖昧なため、突然の終了は考えられます】

【追記:17時までの予告で当日終了する可能性が示されました】

 

PayPayと同じことをしてしまうと70億円の予算が一週間で尽きてしまう可能性がありますので、これは多くの人に多くの店で使ってもらうための策だと思われます。

ただ、PayPayのキャンペンーンが10日ほどで100億円に達したことを考えると、これだけスマホ決済が浸透した今ではすぐに10億円に達してしまう可能性があります。

平日から始まることを鑑みても金曜日で終わってしまうかもしれません。【追記:初週は2日で終わりました】

そうなると、土日に使えなかった人たちが週明けの仕事帰りなどに押し寄せてきて、PayPay騒動のときのビックカメラユニクロのような長蛇の列になる店が出るかもしれません。

とくに2/24の月曜日は休日なので朝から殺到するでしょう。【2/24から1日あたりの還元が6千ポイントまでとする上限を追加】

ただし、終了は前日の内にアプリで案内されるので、PayPayのときのようにいつ終わるかもしれない不安からせかされることはないでしょう(7週分ありますので)。

【「10億円到達見込みの場合の終了タイミング」と「終了した際のお知らせ」は情報が確定し次第、au PAYアプリ、ホームぺ―ジ、Twitterアカウントで告知するそうです】 

 

 

 

その他の留意点

 

・アプリ初回登録時の住所でエラーが出る

新規登録時に「入力された住所が正しくありません。」と出るのは認められた全角文字以外が入力されていることが原因です。

まずは半角文字や半角スペースが入力されていないか確認してください。

次に特殊な文字が含まれていないかを確認してください。

それでもエラーが出る場合はハイフン(-)を疑ってください。

全角のハイフンでも「ハイフン マイナス」というものは認められていないようです。

それ以外の全角ハイフンか類似の文字で試してください。 

 

・アプリは最新に&Wi-Fiオフ

アプリが古い場合は今回の還元の表示がされないなどの思わぬ不具合が出る可能性があります。

決済時にWi-FiをオンにしてフリーWi-Fiを掴んでしまうとキャンペーン分の還元予定が表示されないという説もあります(未検証)。

 

・還元は比較的早い

期間1:3/1締め →3/10頃
期間2:3/22締め→3/30頃
期間3:3/29締め→4/14頃

期間1の還元だけがキャンペーン期間内に再利用できます(後述のチャージ上限あり)。

還元が早いのはうれしいことですが、PayPayのときのように不正があった場合の検証をする期間が短いと思わぬ問題が発生するかもしれません。

 

・還元されるのはau WALLETポイント

au WALLETポイントはau PAY残高にチャージ出来ますが、月に20,000ポイントまでの上限があります。

ちなみに、還元されたポイントをau PAYにチャージしたとしても消化に困るといった場合には、au WALLET プリペイドカードを作ることでクレジットカードのように多くの店で支払うことが出来るようになります。

 

au WALLETポイントはPontaポイントへ

au WALLETポイントは5月にPontaポイントと併合し、Pontaポイントの名称になります。

現在のPontaポイントからは仕様が大きく変わると思われますが、現時点ではどのような扱いになるかが発表されていないので注意してください。

 

ビックカメラ値上げの可能性

PayPayキャンペーンのときに騒ぎになりましたが、ビックカメラは客が殺到するにつれて販売価格を上げていきました。

ただし、今回はノジマやヤマダ、ジョーシンも対象なので値上げまでは行かないかもしれません。

 

au IDの取得とau WALLET残高へのチャージが必要 

auユーザーではなくau IDを持っていない場合はIDを作成し、au WALLETアプリをインストールして残高にチャージする必要があります。

ちなみに2/4から「au WALLETアプリ」は「au PAYアプリ」に名称変更しますので、各所での説明で混乱しないように気をつけてください。

くわしい方法はこちら

 

・1回あたりの支払い上限

 1回あたりの支払い上限額は2/3までが49,999円で、2/4からは250,000円になります(税込)。

繰り返しになりますが、1期間内で還元されるのは3万ポイント(期間1・2)か1万ポイント(期間3)までなので、およそ15万円と5万円を超える支払いは還元率が下がります。【2/24から1日あたりの還元が6千ポイントまでとする上限を追加】

ちなみに25万円を支払って上限の3万ポイントを得ると12%還元となりますので、55インチの有機ELテレビなどを買おうと思っている場合でも十分利用価値はあります(ネットとそれほど変わらない)。

 

・使える店が少ない?

一昨年の時点のPayPayに比べれば多いですが、現在のPayPayに比べると限られている印象です。

とくにスーパーが少なく、中堅以上ではサミットくらいしかありません。

ただ、楽天ペイが使える店で利用できるので居酒屋は選択肢があります。

しかし、楽天ペイが使えるスーパーのオーケーでは使えないようなので、楽天ペイから完全に置き換えることは出来ないようです。

 

楽天ペイと両対応している店でもau PAYアプリだけで決済できるって

au PAYと楽天ペイだから、合わせてPAYペイだね!

 

主な使える店は下の画像の通りです。

 

f:id:kumabe22:20200130035952j:plain


au PAYが使える店の検索はこちら

【追記:トイザらスラオックスが追加になりました(トイザらス各店がau PAYで5%還元されるかは店舗に確認してください)】

【追記:郵便局でも利用できるようになりましたが、2/17からはキャンペーン還元の対象外になります】

【追記:エディオンの新生活家電キャンペーンが終了していなければ特定家電が+20.5%還元されます(ページ下部の記事参照)】

 

まとめると

 

auユーザーに限らず誰でも参加可能

・200円ごとに40ポイント還元

・期間1と2の目安は約15万4千円までの支払いで最大3万+通常ポイントの還元【2/24から1日あたりの還元が6千ポイントまでとする上限を追加】

・期間3の目安は約5万1千円の支払いで最大1万+通常ポイントの還元

・期間1の還元ポイントはすぐにチャージすれば期間2と3で使える

・使えるスーパーがほとんどないのでドラッグストアで代用

・大きな買い物は早めに済ませておいた方が無難

・各週月曜日から開始し、10億円分の還元が見込まれる日にその週は終了

・土日を迎える前に終了している可能性あり(週明け推奨)

・還元されたポイントをチャージに使えるのは月に2万ポイントまで

・5月からポイントの扱いがどう変わるかはまだわからない

・クレジットカードでのチャージは月に25万円まで

・キャンペーン分のポイントは決済完了後の画面を確認

・使える店ではSHOPPING GOも

・人ごみには注意

 

こんなところでしょうか。

新しい情報が見つかったら随時更新していきます。

 

 

au PAY以外のスマホ決済は

shiritai.club


 

改訂記事

toribaya.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー