手っ取り早く知りたい

ガジェットやキャッシュレスのサイトを運営する上での日々の所感を連ねています

follow us in feedly

【勉強】グー・シムセラー本店がついにセール開始

[OCNモバイルONEのSIMとスマートフォンをセット販売するgoo Simsellerの本店で10月になって初のセールを開催したがお得感のある製品はごく限られているので調べてみた]

f:id:kumabe22:20191024065755j:plain


OCNモバイルONEのgoo Simseller本店にてオータムセールが始まりました(11/5まで)。

しかし、前回の本店のセールと比べると軒並み値上がりしていて、キャリアでは型落ち寸前のAQUOS zero SH-M10に至っては売り切れのせいなのか2万円以上高くなっています。

 

今までより安くなっているのは

 

確実に安くなっているのはZenFone Max Pro (M1)の1円です。


12,800円→1円→1円と、前回の本店のセールからは大幅に安くなり、先週までの楽天市場店とYahoo!ショッピング店のセール価格を維持しています。

 

一見すると安くなっているのはHUAWEI P30 liteの4,800円です。


9,800円→8,800円→4,800円と今回で大幅に値下がりしていますが、先週までの8,800円は3,000円のオプション割が適用できたので5,800円+オプション代でした。

しかも、その前の本店のセールではオプション割とMNP割(5千円引き)が適用できたので、MNPする人であれば1,800円+オプション代でした。

 

今回のセールでは8千円以下の製品はオプションなどによる追加割引が適用できず、0円販売が完全になくなりました。

さらに、8千円値上がりしたP30 39,800円も何故か追加割引が適用できません。


9月のセールに比べてほとんどの製品が確実に値上がっていて、値下げを制限させる省令の影響を受けています。もしかしたら、値下げの制限というよりも短期解約の横行による損失を軽減させるための策なのかもしれません。

 

 

あえて買うなら

 

そんな中でもお買い得といえるのは新製品の…


OPPO Reno A 20,000円


Xperia Ace 34,000円(先着200名 イヤホン・プレゼント)


です。昔からグー・シムセラーは発売直後の美味しいときに発売記念特価をしてくれるので、新製品を安く提供してくれるとても有難い存在でした。

これらは今回のセールにおける値下げはありませんが、セール終了まで各種追加割引を適用させることが出来ます。


どちらも防水・防塵でおサイフケータイ対応です。

Reno Aはディスプレイ内に指紋センサーを内蔵していて、Aceはサイドの電源ボタンが指紋センサーです。画面内指紋センサーは速度と精度が劣る傾向にありますが、それを補うようにReno Aには高速な顔認証機能が付いています。

ヘッドホン端子はReno Aが下で、Aceが上です。

どちらもストラップホールはありません。

 

Xperia Ace

 

Xperia Ace

Xperia Ace


Xperia Aceを前面から見ると上下のベゼルが太いので古臭く感じますが、中身のチップセットSnapdragon 630という2年前の物なのである意味バランスが取れています。

ベゼルに関しては、幅が67mmの小型機なのでバッテリー容量を稼ぐためには余白か厚みが必要なのだと思います。

メインカメラに光学式+電子式の手振れ補正がついています。
充電器とUSBケーブルが付いています。

小型機は選択肢がほとんどないので、どうしても小さい機種が欲しいのであれば価格は二の次になるでしょう。

 

OPPO Reno A

 

OPPO Reno A

OPPO Reno A


OPPO Reno Aはリノがつくタレントを起用してテレビCMを流すなど、本格的に日本市場を狙いに来ただけにコストパフォーマンスは良好です。この価格で有機ELを採用しています。

ただ、ユーザーインターフェイスがColor OSという、AndroidiOSっぽくカスタマイズしたもののため、本来なら出来た設定が隠されているなど、昔ほどではないにせよAndroidに慣れた人には何とも歯がゆくなる部分があります。逆にいえば、iPhoneから乗り換える人には比較的すんなりと受け入れられるかもしれません。

あと気になるのは電源ボタンと音量ボタンが左右に分かれているので、片方を押すつもりで両方押してしまいそうな部分です。

他には通知ランプが付いていません。画面に小さく通知を点滅させるアプリを入れれば代用できますが、その分、有機ELとはいえバッテリーは消費します。

カメラには光学式手振れ補正は採用されていません。高速充電も不可で、どうもスペック表に表れない部分でコストカットしているようです。

その反面、充電器とケーブルに加え、イヤホンもフィルムもケースも付いています。

 

まとめ 

 

今回のセールからわかったことは、在庫処分でもない限りこれからはスマートフォンを大幅値引きで買える機会はあまりないということです。

元来は、契約する会社を頻繁に乗り換えて端末の大幅値引きを受ける客と、同じ端末を長期に使い続ける客との不公平感を少なくする目的で今月から色々と改変されました。

ということは、端末を乗り換えるときは今までより多く支払い、使う期間は2年より長くすることが公平につながるわけです。

これからは頻繁に端末の買い替えをせず、競争原理が働いているSIM契約を自分に合ったところに乗り換えろということかもしれません。MNPで移動するのにも6千円くらいかかるのですけどね。

 

OPPO Reno Aのレビューはこちら

 

 9月のセールで購入したときにハピタスというポイントサイトを経由したら10月末に1400ポイントもらえました。Hapitasについて知りたい人は下からどうぞ

hapitas.jp

 

ポイントサイトを経由してから契約すると数千円のポイントがもらえる可能性があります。
※ポイントサイト内で「ocn」で検索(ポイント額は調査時)

ちょびリッチ 3,680円分

げん玉 3,600円分

ポイントタウン 4,060円分

ECナビ 4,000円分

 

前回のセールは 

toribaya.hatenablog.com

 

 

OCNモバイルONEについては 

toribaya.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー