手っ取り早く知りたい

ガジェットやキャッシュレスのサイトを運営する上での日々の所感を連ねています

follow us in feedly

OCNモバイルONEの電話とネットが月額980円から利用できる新コースを事前分析

【実測値掲載】【移行特典発生】[当ブログでも「遅い」とレッテルを貼ったMVNOが足かせになっているユーザーを隔離するために始めたと考えられる新プランを普通のユーザーが利用するとどうなるのかとりあえず情報だけで検証してみた]

f:id:kumabe22:20191121043643j:plain



過去記事にてモバワンの使用感を事細かに書き出しましたが、2019年11月20日に新しい料金プランが登場しましたので、従来のプランとの違いを中心に分析してみたいと思います。

 

 
※OCNモバイルONE(以下、モバワン)について、当ブログではグー・シムセラーにおけるセールの追加情報という位置づけのため、基本的にはスマートフォンで音声SIMカードを使う前提の情報となっています。

※公式の「新コース」を「新プラン」、「新コース以外」を「旧プラン」と記載します。

※金額は税別です。

 


料金の違い


まず、表面上、すぐわかる違いとして料金が下がっています。

f:id:kumabe22:20191121043809j:plain

ntt.com プレスリリースより

当ブログで重視している部分を抽出すると…

 

※カッコ内は旧プラン

1GB 1,180円(新設)
3GB 1,480円(1,800円)
6GB 1,980円(2,150円)

※旧プランの「110MB/日 1,600円」と「170MB/日コース 2,080円」は無し

容量追加 500円ごとに1GB(0.5GB)
※1GBはアプリからの追加申込時

 

このようになります。

 

あまり使わない人が節約したいときに推奨していた最安の1日110MBのプランが1,600円でしたが、新しく新設された1GB 1,180円のプランが登場したことで最安値が一気に更新されました。

 


記事タイトルや画像にある「月額980円」はキャリアの宣伝でもよくある固定回線とのセット割適用時の料金で、アカウントごとに毎月200円引いてくれます。


1つのアカウントをシェアSIMカード含めて3台で使っている場合は200円だけですが、家族で3つのアカウントを使っている場合は600円引いてくれるのです。

 

このセット割前提の書き方は毛嫌いする人が多いので諸刃の剣ですが、12か月間などと期間限定ではないだけマシかもしれません。

 


あとは、1,000円だった解約違約金がなくなっています。

 


かけ放題キャンペーン


続いても大きく書かれている「+300円で10分かけ放題」の部分です。


こちらは通常850円で提供されている通話ごとの始めの10分間が無料になる通話定額サービスで、こちらには「最大12ヵ月」と明記されています。

 

きっちり12ヵ月使うと合計6,600円得になり、単純にスマートフォンを割引して転売されるよりは良い値引き方法だと思います。


ただし、新プランでの新規(MNP含む)契約とシェア用SIMカードの追加契約が対象ですので、従来のユーザーが新プランに変更したとしても割引にはなりません。

 

また、新規と追加の申し込みが完了した月の翌月から12か月間が割引対象で、例えば完了から6か月後にかけ放題を申し込んだ場合はその翌月からの6か月間のみが割引対象となり、以降は通常の料金になります。

 


MNP 4,000円還元キャンペーン

 


他社からMNPで新規に乗り換えし、gooポイントの会員登録をしてキャンペーン・ページよりエントリーすると、解約違約金とMNP転出手数料相当の4,000円が請求額から割引されます。


MNP転入であれば新規でもシェアSIMカード追加でも対象です。

 

これはグー・シムセラー本店で現在開催中のセールでのMNP割がなくなってgooポイントの方に来た形です。


これならどのスマホセットでも対象になりますし、スマートフォンを買わない場合でも対象になります。


※念のためにリンク先を熟読してください。

 

 


新プランの難点

 


ここまでかなりお得感がありますが、これだけ安くなるには理由があります。

 

今回の仕組み上、一番の変更点は200kbpsの低速モード時にも容量上限が付くことです。


具体的には基本通信容量の半分の値が低速時の上限となり、それを超えると更なる低速になります。


これは高速の容量を使い果たしたことによる低速と、自分で低速に切り替えたことによる低速のどちらにも当てはまりますので、事実上、1GBのプランは「高速1GB+低速0.5GB+無限極低速」ということになります。


これは低速モードでも比較的快適に使えることを売りにしてきたことで低速モードを無駄に使いまくるユーザーが増え続け、結果的に全体の快適性に悪影響をもたらしてしまっていることを是正するための処置だと発表されています。

 

(追記)次に気になる変更点は混雑時にWindowサイズの変更や最適な通信速度への制御を行なう場合があることです。

これは主に画像の質を落とすことで通信容量を減らす策で、混雑時に無駄に容量の多い通信をなくすことで速度の改善につなげます。

モバイルデータ回線を日々のメイン通信としている人にとっては高画質な画像を入手する機会を逃してしまう時間帯を作ってしまうことになりますが、混雑時には画像が確認できれば良い程度の人にとっては混雑緩和のメリットの方が大きいと思います。

実際の画質の劣化は比較しないとわからない程度だと思われますが、混雑時限定といえども容認できない人がいることは事実です。

 

といっても選択肢として旧プランに残り続けることは可能ですし、従来通り旧プランのアカウントは旧プランの別のプランに切り替えることが出来ます。


ただし、一度新プランにしてしまったアカウントは旧プランには戻せません。

 


また、新規申し込み時にSIMカード契約のみであれば今からでも旧プランを選択することが出来ます。


新しい料金プランのページの下の方に「新コース以外のコース(日次・月次)についての詳細はこちら」と書かれたリンクがあり、その先のページの下の方に契約申し込みリンクがあります。


ただ、モバワンの新規加入はスマートフォンセールあってこそなので、よっぽど低速モードを使いまくりたい人以外は意味がないでしょう。


ゆえに低速モードを無制限に使いたい人は先日までのセールで購入するのが結果的に正解でした。

 


速度による快適性(実測値)

 


過去記事で真っ先に「遅い」と決めつけてしまったモバワンですが、新プランは回線が旧プランとは別になっています。


これはつまり混雑時の速度を左右する帯域幅が新旧別々に設けられていて、幅の広さに対するユーザーの数と使用方法が完全に別となるので、従来の「遅い」評価は新プランでは当てはまりません。

 

だからといって新プランが速くなることが確定したわけではありません。


ただ、新プランはまだ人が少ないですし、第一印象を良くするためにも(当初は)快適である可能性が高いと推測されます。

 

------

実測値

12/4 19:30ごろ 都内

旧プラン(P30lite Download 15.4 Mbps Upload 20.2 Mbps

新プラン(  g08    Download 10.6 Mbps Upload 25.0 Mbps
※機種名が逆だったので修正しました。

12/5 12:30ごろ 都内

旧プラン(P30lite) Download 18.1 Mbps Upload 23.6 Mbps

新プラン(  g08   ) Download 13.4 Mbps Upload 24.7 Mbps

【P30liteに統一して計測予定】

------


片や従来のコースである旧プランですが、こちらはスマホセットでは加入できないことと新プランに比べて割高なこともあって徐々にユーザーが減っていくものと思われます。


利用者が減ればその分、帯域を新プランへあてがうようになっていき、最後まで残った(ネットラジオや低画質動画を垂れ流す)ユーザーがお互いに足を引っ張り合うような状況になるのかもしれません。

 

このことにより、MVNOでは貴重とされる帯域を浪費するユーザーをじんわりと排除し、普通のユーザーが使う分を少しでも確保することが出来ます。


これは、10月からのセール値引きの抑制によってスマートフォン転売目的のユーザーを多少なりとも減らせた功績に続く良い施策だと思います。

 


いずれにせよ旧プランは低速で使いまくる人のものになり、その人たちは帯域を狭められた回線に事実上、隔離された状態になるものと思われます。


つまり、低速ブースト機能や(規制の割には速い)200kbpsに目をつけてサービスの重荷になっていたユーザーをメイン回線に入れないことで、大半であるその他のユーザーの速度を上げることが出来れば成功です。

 

しかし、一部の音楽配信サービスの音楽データで残容量を消費しなくなる「MUSICカウントフリー」は継続しています。


このサービスをどうにかしないことには睡眠中だろうが通信し続ける人がいなくなることはないでしょう。

 


値下げのとばっちり

 


月額1,000円のシェア用SIMカード追加については現在、発行手数料(3,000円)無料キャンペーンを行なっています。


これにより、固定回線とのモバイル割を受けられない人は家族でお得にシェアしたり、複数端末にSIMカードを使う場合のシェアが始めやすくなっていました。


しかしながら、新プランでは最安が1,180円となったことでシェアSIMの割安感が少なくなり、さらに家族の使いすぎによる極低速化に怯えなくてはならなくなったので微妙なサービスとなってしまいました。

 

例:家族4人で安く上げたい場合(一人はあまり使わない前提)

 

旧プラン
通常 3GBコース 1,800円×3人+110MB 1,600円=7,000円(12GB)
シェア 10GBコース 3,000円+1,000円×3人=6,000円(10GB)

 

新プラン
通常 3GBコース 1,480円×3人+1GBコース 1,180円=5,920円(10GB)
シェア 10GBコース 2,880円+1,000円×3人=5,880円(10GB)

 

旧プランのときはシェアにすれば2GB減るとはいえ家族で分け合える柔軟性がありつつ1,000円安く上げることが出来ました。


しかし、値下げを期待して新プランに変えたとしてもシェアでは120円しか安くなりません。

それどころか、シェアより高いはずの4人が独立した通常のコースでは新プランの場合は現行の旧シェアより安くなってしまっていて、シェアのメリットが柔軟性があることと、アカウント管理が楽なことだけになってしまいました。

 

ちなみに上の例の場合、OCN光モバイル割が適用できれば通常が800円、シェアが200円引かれるので、新プランの通常は4人で5,120円で済んでしまいます。

 

ただ、3人以上の家族で一人でも3GBを超えたり、通話も頻繁にするようなら無難にキャリアのシェアプランにしておきましょう。

 

 


現行ユーザーは移行すべきか(移行特典)

 


結局のところ、現行ユーザーは新プランに移行するべきなのでしょうか。

加入が2019年9月以前で、申込完了日の翌月から見て7か月目以降でないと解約時に違約金がかかりますが、プランの変更ではかかりません。

(追記)ただし、下記のキャンペーンが適用中の場合は対象外となってしまうので注意してください。

ー2年間オトクがつづく!毎月320円割引キャンペーン
ー2年間ずっと1,280円(税抜)~!!<新生活応援割>


旧プランからの移行の受付はすでに開始していますが切り替わるのは来月頭からですし、新規契約が使われ始めるのも月末くらいになるでしょうからまだ何とも言えません。

 

ただ、速度については今後の情報待ちですが低速規制については何となく予想が出来ます。

 

 【移行特典】gooポイントで、11/19までに「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」を使用していて、12/10までにエントリーし、12/31までに新コースへ変更しているアカウントにNTT-X Storeで5,000円以上の買い物に使える1,000円分割引コードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。
移行するか迷っている人もとりあえずエントリーして月末まで悩みましょう。
ただし、12/31に手続きしても1/1には変更にならないと思うので、キャンペーンの対象になるかはわかりません。

 


日ごとで安心派

 

日ごとの容量が決められているコース(110MB・170MB)が合っている人は新プランにはありませんので慎重になってください。


ただし、単に最安だからという理由で選んだのでしたら今後は新プランの1GB一択でしょう。

 


すでにピッタリ派

 

通常は高速モードを使っていて、不本意ながら容量を使い切ってしまうことで低速モードを使っていた人は新プランでも問題ないでしょう。

 

ただし、中でも毎月のように容量を使い切ってしまう人は旧プランよりも多い容量を選択することをお勧めします。


容量当たりの金額が下がっていることですし、新プランで速くなった場合の恩恵に与ることが出来るのは高速モードだけだからです。


それに加え、万が一にも低速モードの容量制限を超えてしまったらどれほど遅くなるかわかりません。


スマホ決済を使っている場合は昼休みなどに支払えない事態にもなりかねませんし、LINEの無料通話がかかってきても会話できない可能性があるので、12月から変えるのであればその月だけでも1段階多めのプランにしておいた方が無難だと思います。

 


低速おんぶ派

 

自発的に低速モードで長時間の通信をしている人は旧プランを維持するのが無難ですが、毎月コンスタントに使っているのであれば新プランでも同様に使えます。

 

例:毎月4.5GB以内→新3GBコース(高速3GB+低速1.5GB)1,480円

 

MUSICカウントフリーを多用している人も移行は様子見の方が良いと思います。


旧プランにてカウントフリーが終了する分には低速モードを使えば問題ありませんが、新プランで終了してしまった場合は旧プランに戻すことが出来ないので詰みます。

 

ちなみに低速モードを1.5GB消費する時間は最短16時間ほどだそうです。


1GBのプランの0.5GBだと5時間ちょっとの計算です。


新プランで低速モードを多用するつもりでしたら、自分が月にどれほど低速モードを使うかを考えて選びましょう。

 


結局のところ

 


新プランはまだ未知の部分が多くて推測でしか述べられないのが正直なところですが、料金はかなり魅力的だと思います。


とくに追加容量1GBで500円はかなり助かるのではないでしょうか。

 

制限についても、極低速モードになったとしても空いている時間帯であれば200kbps近く出るのではないかと勝手に予想しています。

理由は、旧プランを早いところ終了させるには普通のユーザーの移行を阻害する情報を広めたくないはずだからです。

このあたりは試行錯誤で変えていくでしょうから最低1か月は様子を見ないと判断できないと思います。


ただ、極低速モードにはバースト機能は無いそうなので、WEBページがある程度表示されるまで時間がかかるでしょうから陥らないことに越したことはありません。【確認中】 

 

ちなみに様子見で月末の新規ユーザーの感想を待つという方法もありですが、12月になった途端に新プランユーザーが増えるのでどうなるかわかりません。

それと、11月30日などの晦日はコース変更が間に合わないので注意してください。

 

 新コースへ移行した場合、APN設定の違いは"lte-d.ocn.ne.jp"の赤字部分が無くなるだけですが、保存しても通信できない(つながらない)場合はスマートフォンを再起動してみてください。

 

 

最後に一言二言、新規ならかけ放題が安いので1年限定とすれば間違いなく激安です。


さらに12月24日までMNPの4,000円還元とgoo Simsellerのセールが開催中なので狙い時でしょう。

 

ポイントサイトを経由してから契約すると数千円のポイントがもらえる可能性があります。
※ポイントサイト内で「ocn」で検索(ポイント額は調査時)

ちょびリッチ 3,680円分

げん玉 3,600円分

ポイントタウン 4,060円分

ECナビ 4,000円分【5,000円に増額中】

モッピー 3,200円

 

goo Simseller 本店(OCNモバイルONEのスマホセット・コーナーから) 

goo Simseller PayPayモール店

goo Simseller 楽天市場店 


セールの記事を書きました 

toribaya.hatenablog.com

 

 
今回記載した内容以外のモバワンについては

toribaya.hatenablog.com

 

[ソウ]:超低速時は最高50kbpsという書き込みがあったんだけど、これだとまさしくペナルティ…

 

プライバシーポリシー