手っ取り早く知りたい

ガジェットやキャッシュレスのサイトを運営する上での日々の所感を連ねています

follow us in feedly Rebatesお友達紹介キャンペーン

おサイフケータイをガッツリ使ってしまうと移行が面倒臭い

おサイフケータイにいくつもの決済サービスを登録しておくとスマホの買い替えや故障・紛失時に手間がかかり、下手をすると残高を失ってしまう可能性があるので現時点での手段をまとめてみた】

f:id:kumabe22:20191111230906j:plain



実のところ、このような情報はここでまとめなくても検索すればすぐに見つかります。

ただ、今回の内容に関しては以前より思うところがあり、そのことを記事にする前におサイフケータイの移行がどれほど大変で、紛失時の手間とリスクが大きいかを再確認するためにまとめてみました。

まとめてみた、といってもそれはごく一部であり、紛失ともなると実際にかかる手間と不安は計り知れません。

 

  

便利ゆえの手間

 

近ごろのキャッシュレス推進事業に後押しされる形でAndroidスマートフォンおサイフケータイ機能を使うようになったという人もいるのではないでしょうか。

このサービスは近距離無線通信によってタッチ(かざす)するだけで決済などが出来、アプリの立ち上げも不要なのでとても簡単で便利です。


ただ、近づけるだけで決済が出来るということはその端末に内蔵されたチップが固有のコードを持っているからであって、機種を変更するにあたっては使用するコード(端末自体)を変更するための手続きが事前に必要となります。

また、移行した後の旧端末は初期化してもおサイフケータイのデータが見えないところに残ったままになっていることがあります。


この記事では、おサイフケータイの移行で損失や余計な手間を生まないための手順と、不要になったデータを消す方法を記しつつ、次の記事につなげていきたいと思っています。

 

機種変更する前の手続き

 

おサイフケータイの使用を継続しない場合

 

おサイフケータイは日本独自のサービスであるため、ほとんどの海外メーカー製SIMフリースマートフォンにはその機能が搭載されていません(HTCとOPPOにはあり)。

そのため、機種変更する端末の都合などにより楽天Edy、モバイルWAONnanacoモバイルの使用をやめていまう場合には、可能な限り残高を使い切るか元の端末でそのまま保持しておく必要があります。

異例なところではモバイルSuica退会後に残高を払い戻してもらえます。

その他、おサイフケータイ以外での使用(バーコードなど)が出来るサービスはそれぞれのアプリで継続利用できます。

 

おサイフケータイの内容を新しい機種に移行する場合

 

機種変更前に作業が必要なサービス

 

旧端末での手続きのみを記載しています。新端末での手続きや最新の情報はリンク先を参照してください。


nanacoモバイル 「機種変更」からパスワードを入力し、引継ぎ番号を発行しておく


モバイルSuica 「その他」タブの「会員メニュー」→「携帯情報端末の機種変更」

iPhoneからAndroidへは移行できないので退会になります。


楽天Edy メニュー内の「機種変更の手続き」から残高を預ける(要・楽天ID)


モバイルWAON 「お客様メニュー」の「機種変更手続き」から「機種変更パスワード発行へ」をタップし、残高をセンターに保管してパスワードを発行しておく


iD(Androidアプリ) 「機種変更」からパスワードを登録し、アクセスコードを発行しておく

 

ログイン情報やカードの登録だけで引き継げるサービス

 

新端末のアプリに従ってください。


・メルカリ(メルペイのiD)

QUICPay

・iD(Apple Pay・Google Pay)

 

主なサービスだけを記載しました。これら以外のサービスを利用している場合は別途確認してください。

 

おサイフケータイのデータ消去

 

おサイフケータイの移行が完了したり、退会が済んだあとはデータを削除しておく方が無難です。

譲渡する場合、残ったデータが有効であれば利用されてしまう可能性があり、それがない場合でも譲り受けた側が正常におサイフケータイの利用が出来なくなる可能性があります。

ここで問題なのが、冒頭でも書いたとおりおサイフケータイに登録されたデータはFeliCaチップに記憶されていて、スマートフォンを初期化しても消えないということです。
そのため、サービスごとに削除する必要がありますが、サービスと端末の組み合わせによってはSIMカードが必要な場合があったり、残高移行完了後でないと削除できない場合があります。

 

SIMカードが必要になる可能性があるサービス

 

機種変更後に旧端末のアプリが利用できなくなる可能性がある場合は、サービスごとの機種変更開始手続きが済んだ後(端末の機種変更前)にデータを削除する必要があります。

しかし、万が一にも移行に失敗すると手続きが面倒になるので、機種変更してもSIMカードが変わらない場合や、解約したSIMカードを手元に残せる場合はそれを利用することが出来るので、残高移行が完了してから消去する方が無難です。


モバイルSuica 機種変更手続きをした時点で消去されると思われますが、検索しても情報が見つかりませんでした。


・iD(Androidアプリ) 「各種お問い合わせ/お手続き」→「〇〇カードiDを削除」

 

残高移行が完了していないと削除できない可能性があるサービス

 

一番安心な方式ですが、残高が少なくても移行する必要があります。


楽天Edy 残高の「詳細を見る」→「楽天Edyを削除」

 

ログイン情報だけで削除できるサービス

 

必ず残高移行が完了していることを確認してから削除してください。


nanacoモバイル 「会員サポート」→「会員情報変更/退会」→「退会」
※移行する度に新しいnanaco番号が付与されるので退会扱い

 

確認・その他

 

おサイフケータイ・アプリのメニューから「サポート・規約」→「メモリ使用状況」で2つの領域が0になっていれば完了です。


ここまでに挙げた方法で領域が0にならない場合や、個別の削除が面倒な場合はその端末のキャリアのショップに持ち込めば一括消去できます。

ドコモの場合はDOCOPYという端末で自分で行えますが、auソフトバンクはスタッフに依頼する必要があります。

SIMフリー端末の場合はサービスセンターに送って有償で消去してもらうことになるので注意してください。


ちなみに、おサイフケータイのメモリを消去していない場合は携帯電話買取店での買取を断られる場合があります。

 

紛失によるリスク

 

機種変更については以上です。事前に初期化することや機種変更(乗り換え含む)することがわかっていればこれらのことを一つずつ行なえば問題ありませんが、突然訪れる紛失や破損・故障ではそうもいきません。


モバイルSuicaはコールセンターがありますが、基本的にはパソコンからWEBでの利用停止(再発行)申し込みが必要なようです。一度申し込むと取り消しが出来ず、端末が見つかったとしても再発行となって費用(520円)がかかるそうです。

突然のことで事前準備が出来ていなくてもコールセンターに電話することで対処してもらえますが、やはり費用(520円)がかかります。

さらに、オートチャージが設定されていた場合はカード会社に申し出るように書いてあります。


nanacoはチャットで現状整理と本人確認を行ない、利用停止してから書類による残高移行を行うようです。

紛失時にオートチャージを設定していた場合は一刻も早く停止したいところですが、現実的に外出中であった場合はチャットもままならないと思います。


楽天Edyはマイページに事前にEdy番号を登録していないと停止が出来ず、残高も補償されないそうです。また、停止申請しても実際に停止するまでに最大2日かかるそうです。


WAONはコールセンターがあるので番号をスマートフォン以外に控えておきましょう。


他にもサービスがありますが、書ききれないのでここまでにします。

とにかく言えることはおサイフケータイとして使っているスマートフォンをなくしたら大変ということです。


また、機種依存ですがメールを送るなどの遠隔操作でNFC/おサイフケータイをロックすることが出来ます(通信できれば)。

当たり前のようですが、決済でスマートフォンを使う場合は事前の対策と紛失予防が重要になるでしょう。

 

次回のトリバヤさんは

 

今回の記事を書いていて思ったことは、ここまで読んでいただけた人にはわかってもらえると思います。

次回はそのことについて書いてみたいと思います。

【追記】2020年6月にセブンイレブンが一斉にNFC Payを導入することが発表されました。このことにより、ローソンとセブンイレブンFeliCa機能がない端末でもタッチ決済が使えるようになりますので、次回の記事は中止とさせていただきます。

 

 

おサイフケータイ付きSIMフリースマートフォンにも少し触れている記事

toribaya.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー